小林 慎太郎

 ここ数年、「歴ジョ」という言葉をよく耳にしませんか。歴史好きの女子の略ですが、この言葉からも分かるように、歴史が好きという人が増えているように思います。

一方で、「地理ジョ」という言葉は残念ながら聞いたことがありません。地理には難しい言葉が多く、地理という科目にとっつきにくさがあるのかもしれません。

しかし、地理は面白さをたくさん含んでいる教科です。

例えば、旅行なども地理の授業です。どこに行くのか決めたり、時刻表を見たり、みなさんは知らず知らずのうちに、生活の中で地理の勉強をしています。そう考えると地理って楽しくないですか? 地理の授業では、世界のことを多く扱います。旅行をした気分で自分の住んでいる場所との違いを感じ、「気候の違い」や「文化の違い」がなぜ起こるのか一緒に考えてみましょう。当たり前のように住んでいる場所が、実はとても価値のある場所だと感じるかもしれません。