検定試験・資格取得

実力を高めるには、目標を掲げて磨き続けること。

私たちは、チャレンジ精神を応援します。検定試験は、実力がカタチに現れるほか、学習の過程で能力が高まります。洛陽総合高校では、受検対策講座や折々の課外指導などを通じて、目標級への合格を応援しています。

実用英語技能検定(英検)

英語力がどれ程まで身についたのかを確かめる目的で1年次生は、10月に全員受験を課して、全員合格を目指して取り組んでいます。それ以外は年次を超えて多くの生徒が挑戦しています。準2級、2級合格者には単位も認定されます。試験対策として、日常の授業では、対策問題に慣れ、3級以上の面接試験の練習も行っており、高い合格率を上げています。

日本漢字能力検定(漢検)

漢字を学ぶことは、全ての学習の第一歩です。また、どの様な進路を進むとしても、漢字力は社会で必要とされます。日本漢字能力検定は漢字力を身につけるために、目標を持って取り組める検定試験です。希望者には個別に学習指導をし、合格のために指導を行っています。

日本語検定

日本語を正しく使えることは、他人とコミュニケーションを取るために極めて重要です。日本語検定は、漢字表記や言葉の意味だけでなく、文法や敬語の使い方を学び、言葉に関する力を育成するための手立てとなります。1年次生、2年次生は全員受験します。授業の中で模擬試験を行うなど全員合格を目指して指導しています。

実用数学技能検定(数学検定)

数学検定は数学の実用的な技能(計算・表現・作図・測定・整理・証明)を測る検定です。希望者が受験をします。試験1週間前には過去問題を解きながら合格を目指して頑張っています。

ICTプロフィシェンシー検定試験(P検)

この検定に合格していることで、推薦入試で加点対象とされる大学・短大・専門学校があります。そのため、全年次で多くの受験希望者がいます。情報系列にある、情報検定対策講座や、検定直前に行われる直前対策講座など、合格に向けて様々なサポートが行われています。

日本語ワープロ検定試験

この検定では、Word(ワード)などのワープロソフトを使い、日本語の入力やビジネス文書の作成方法を身につけることができます。実社会に直結して役に立つ検定であるため、就職希望者をはじめ、パソコン初心者から上級者まで多くの生徒が受験をしています。

パソコンスピード認定試験

この検定に挑戦することで、正確でとても早いキーボードの入力技能が身につきます。キーボード入力ではパソコンの基本で、入学した1年生は全員が「情報A」の授業で繰り返しキーボードの入力の練習をします。中には、キーボードを全く見ないで入力するタッチタイピングができるようになる生徒もいます。

食物調理技術検定

自らの実力を確かめるために、生活デザイン系列(調理)を希望する生徒が受験します。日頃の授業内で検定対策の実習を行いますが、検定前には補講も実施し合格に向けて指導を行っています。

保育技術検定

子供理解・保育に関する知識と技術・学習意欲・コミュニケーション力・創造力を育てることがこの検定の目標です。検定4・3級は、全ての高校生に必要な親となるための基礎的な内容、検定2・1級は、将来の進路に役立つ高度な専門的な知識・技術の習得を目指しています。
(1)音楽・リズム表現、(2)造形表現、(3)言語表現、(4)家庭看護の全4科目の技術について検定が実施されます。それぞれの科目の主な内容は以下のとおりです。

(1)音楽・リズム表現…ピアノ演奏・歌唱・弾き歌い
(2)造形表現…折り紙・貼り絵・壁面構成
(3)言語表現…絵本などの読み聞かせ・紙芝居の実演、素話の創作と実演
(4)家庭看護…乳幼児の生活の世話(けがの手当・おむつの交換・衣類の着脱・授乳・検温など)

ページトップへ戻る