OBの声一覧に戻る

OB・OGの声

先輩からのメッセージ

高校のインターンシップで決まった生き方

 私は洛陽総合高校が総合高校になったばかりのときに入学しました。1年生の時に『産業社会と人間』という科目があり、そこでインターンシップの一つで京都のホテルを見学しました。その時、「ああ、こんなところで働きたい」と思って。3年で就職するとき、とにかくそのホテルの求人を待って。願いが通じたんですね。うまく入社できて、あこがれだったバーテンダーにもなれて、賞もいただいて。そして2013年の夏から、違うホテルに移って仕事を続けています。
 高校時代は、とにかく自由で楽しかった。ホテルは英語が必要なので、英語は少し勉強したかな?あと、きれいなカクテルを作る為に、美術の授業は役に立っていると思います。
 私は女子サッカーを学校外のクラブで続けていましたが、高校時代はいろいろなことにチャレンジする時。そして、洛陽総合高校はチャレンジを見守ってくれる高校です。

ザ・リッツカールトンホテル大阪

里 美保子

ページトップへ戻る