逢坂 匡一

 高校は、一体何のために行くのでしょうか。勉強のため?確かに勉強は大切です。でも勉強とは一体何が勉強なのでしょうか?

 私は、「人として大切なことを身に付ける」ことと「座学のよる知識」の双方を勉強してほしいと思っています。

 人は生きるために「健康」でありたいと願います。体を動かすことの大切さや、一生涯親しめる運動との出会いを提供します。それが、「保健体育」という教科です。

 また、時間を守り、ルールを守り、約束を守る。当たり前のことが当たり前にできるよう指導します。それが「生活指導」です。

 更に、一つのことに全力で打ち込み、仲間と助け合い、どんな困難にも立ち向かっていける強い精神力と、努力は裏切らないことを学びます。それが「部活動」です。

 私は、上記3つを通じて生徒達が「知識を持ち、人として大切なことが身に付く」よう日々全力でサポートしています。