原 紳太郎

こんにちは。数学科の原紳太郎です。皆さんは何か没頭していることはありますか。私は2つあります。

 1つ目は数学です。私が数学に没頭し始めたのは高校2年の後半でした。問題を目にして解答の見通しがたった瞬間言葉では言い表すと「キターーーっ」とうい感覚になります。

 2つ目は剣道です。できなかったことができ、大会等で好成績が残せると嬉しい気持ちになります。

 この2つに没頭したきっかけは人との出会いで、その方は先生でした。私は勉強も部活もやらされていました。しかし、「できるまで、分かるまで」、「上手くなるまで、強くなるまで」とことん付き合ってくれた先生との出会いが私を変えてくれました。何かに没頭する瞬間は、「できた瞬間、分かった瞬間」が有るか無いかだと思います。私は人との出会いでその瞬間を味わうことができました。その瞬間は一人では中々見つけることができません。私は少しでもその手助けができればと思い教師を目指しました。何か没頭できことを一緒に探し、人との出会いに感謝し、大切にしましょう。