喜多 行男

 「国語科」の喜多行男です。

 僕は国語が得意な生徒ではなかったです。ただ、物語(小説)が好きなだけでした。高校2年生の時に国語ってこんなに面白いんだって思わせてくれる先生に出会いました。その先生は僕を物語の主人公にしてくれました。そこから、ますます文学に魅かれていき、わかれば国語の授業が面白くなっていきました。そして、高校三年生の時には国語科教員になることを熱望していました。

 そして、国語科教員になった今、僕が君たちにできることは「国語って面白い!」ということをみんなに伝えることだと思っています。また、国語の授業を通じて人間的な成長をすることができる授業ができれば最高だと思い、毎日楽しいときは楽しく、厳しくすべきときは厳しく、メリハリを付けて授業を行っています。

 皆さんと一緒に授業をするのを楽しみにしています。