最新情報一覧に戻る

最新情報

6月17日 2年次新着

2016/06/17

●2年次 「キャリア」

 今年度より「キャリア」という授業が開講されています。総合学科1年次の柱である「産業社会と人間」を引き継ぐ内容で、2年次SA2系列選択者の大切な講座です。そもそも「産業社会と人間」の授業の目的は、“様々な体験を通して生徒の成長と自主的な行動を促すことを主体にプログラムを構成”されていました。更に2年次では“お金”というキーワードがプラスされ、色々な学習活動が取り組まれています。

 

この6/15(水)には『仏教からみた“お金”とは』というテーマで講演会が行われました。講師は、金亀山 事真院 福王寺(広島県)40世住職 亀尾 祥宏(かめお しょうこう)氏 でした。安芸の国(広島県)の高野山と言われている寺院で活動されている住職から、修行の目的、仏教の世界の『お金』とは、正しい『お金』の使い方とは、お布施・賽銭・香典の意味などについてお話を聴きました。

キャリア

 

 

 

 

●総合学習『夢や希望をかなえるためのマネープラン講座』

2年次生全員で、6/15(金)6時間目に、ファイナンシャルプランナー 松本 真由美 氏をお招きし、マネープラン講座を実施しました。進路を考えるにあたって、無くてはならない講座です。生涯賃金の差や、進路別にかかる必要経費、どの時期にどれだけ準備が必要か、保護者とどういう風に話を進めるべきなのか、必要経費が不足している時にはどんな奨学金制度を活用したら良いのか等、盛りだくさんの内容でした。特に今年度は、社会問題になっている、奨学金は借金であるので絶対に返済しなくてはいけないこと、もし滞った場合に起こる社会的な制裁についてもお話頂きました。

知るのと知らないのとでは全く今後の方向が変わってきます。この話を元に、次週からの進路別学習にむかい、そして夏の保護者を含む三者面談に入っていきます。努力し、考え、行動に移した人が人生を切り開いていきます。

私たち教員は、生徒一人一人が社会に出て、人生を切り開いていく力を身につけてもらうために、伝え続けます。

ページトップへ戻る