最新情報一覧に戻る

最新情報

12月15日 2年次新着情報(修学旅行のご報告と一部コース変更について)

2015/12/15

フランスコースは行き先・時期を変更致しました

11月中旬に発生したパリのテロ事件の影響のため、当初予定をしていましたスランスコースは取りやめとさせて頂きました。

本校としましても、世界情勢などの動向を注視しながら、学びの多い海外研修を実施していきたいと考えております。

今年度のフランスコースの生徒につきましては、行き先をイタリアに、時期を12月19日〜25日に変更して修学旅行を実施させていただく事となりました。

関係各所にはご迷惑・ご心配をおかけしましたが、ご理解とご協力を頂きます様よろしくお願い致します。

 

さて、ハワイコースと台湾コースは予定どおり催行されましたので、生徒たちの学びをご報告させていただきます。

 

ハワイコース:11/30~12/4

1日目は、ヌアヌパリ展望台・パンチボウルの丘・カメハメハ大王像・イオラニ宮殿を巡りました。一つ一つの場所には歴史を肌で感じられる自然や景色が広がっていました。

ヌアヌパリ展望台では、カメハメハ大王がオワフ軍を追い詰めるために使ったとされる自然の力、突風・強風を体感することで歴史の深さを知ることが出来たと感じています。

IMG_2113

 

 

 

2日目は、ダイヤモンドヘッド・シーライフパーク・ワイキキビーチを巡りました。ダイヤモンドヘッドでは、現地の方と現地のことばで「アロハ」と挨拶を交わし、頂上からオアフ島南海岸の美しいパノラマビューを楽しむことができました。

IMG_2265

 

 

3日目は、ホノルル班別研修・ポリネシア・カルチャー・センター・イブニングショーなどの行程を進めました。ホノルル班別研修では、OLIOLIバスを使用し、ホノルルの町を班ごとに計画を立て探索しました。その際、時間厳守などの規則を守り、計画に沿った行動が出来ました。イブニングショーでは、歌やダンス(ファイヤーダンス)を目の当たりにし、ハワイ独自の歴史や文化について学ぶことが出来ました。また、ショーの芸術性に感動を覚えている様子も見受けられました。

修学旅行 ハワイ 648

 

 

 

今回の修学旅行を通じて、異国の文化や歴史に触れる中で自国との考え方の違い、人間性の違いなどに気づくことが出来たと感じています。また、班別学習から周りを見て行動すると言った観察力や協調性を学ぶことができたと考えています。

 

台湾コース:12/1~12/4

1日目は、高雄歴史文化博物館・龍虎塔を見学に行きました。龍虎塔では入口が龍、出口が虎となっており中には中国の人が親孝行の模範を認める「二十四孝子」や悪人が地獄で受ける「閻魔大王審罰刑図」などが印象に残るものでした。

271201 龍虎塔 団体(1)

 

 

 

 

2日目は、学校交流では本校生徒の出し物として「コマ」と「ソーラン節」を披露しました。ソーラン節については放課後に残り練習した成果がみられ相手校の披露してくださったダンスに引けを取らないものでありました。

またB&Sプログラムにおいては西門町という日本でいうところの原宿のような若者の街を現地の大学生が案内してくれました。ここでは日本にはない文化や食事に触れ大いに刺激を受けていました。

271202 学校交流(58)

 

 

 

3日目は忠烈祠、故宮博物院、中正記念堂、九份を巡りました。中でも四大博物館の一つ故宮博物院においてはシンボル的秘法である翠玉白菜などを目にすることができました。そして辛亥革命から現代までの殉死した英霊が祭られた忠烈祠を訪れた際、1時間に1度行われる交替式をみることができました。一糸乱れぬ行進と華麗な銃剣さばきに生徒たちは感動を覚えていました。最終日は地上101階、地下5階建ての超高層ビル台北101に上りました。

271203 故宮博物院 団体  (2)

271204 台北101(1)

 

 

 

 

この修学旅行を通して異国の文化・歴史に触れることにより新しい感性を身につけることができました。

 

 

ページトップへ戻る