陸上競技部

陸上競技は個人競技です。従って、高校から始めた初心者でも入部しています。「走る」・「跳ぶ」・「投げる」という基本的な動きをいかに速く走るか、いかに遠くに高く跳ぶか、いかに遠くに投げるかを競います。
もちろん他人と競うこともありますが、自分の限界に挑戦できる競技です。
本校では、「やる気・元気・根気」をモットーに、各自の目標に向かって練習しています。
ぜひ、やる気のある元気な人の入部を待ってます。

主な実績

春期大会・高校総体・ユース陸上競技大会・ジュニア陸上競技大会出場

活動実績

第71回京都府私立中高等学校総合体育大会 陸上競技の部(たけびしスタジアム)

11月6日(水)に京都府私立中高等学校総合体育大会 陸上競技の部がたけびしスタジアムにて開催されました。

1-1 石原 瑞希 800M 2’25″22(自己ベスト記録)
1-6 臼枡 典明 100M 12”26 / やり投 17M80
2-3 岡平 佳樹 砲丸投 10M57
2-5 洞田 啓吾 100M 12″00(自己ベスト記録)
2-7 新本 竜生 円盤投 22M06 / やり投げ 記録なし

第52回京都府高等学校ユース陸上競技対校選手権大会(たけびしスタジアム京都)

8月21日(水)から23日(金)にかけて第52回京都府高等学校ユース陸上競技対校選手権大会がたけびしスタジアム京都で行われました。


1-6 臼枡 典明 100M 12”27 / 200M 25″37


2-5 洞田 啓吾 100M 12″11(自己ベスト)


2-7 新本 竜生 円盤投げ 20M37

第72回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会(in西京極陸上競技場)

6月1日、2日に渡り、第72回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会が西京極陸上競技場にて行われました。

2年 新本 竜生 円盤投 21m95(30位)

初めての府下大会出場で緊張しておりましたが、3本の試技全てを成功させ記録を残すことができました。
自己ベスト記録は出せませんでしたが、ターンを意識し、成功させたことに自信を持つことができました。
他の部員もスタートやウォーミングアップの方法など、日頃なかなか学部ことが難しいタイミングを研究することができました。

総合体育大会 陸上競技部(西京極陸上競技場)

5月18日(土)、19日(日)と西京極陸上競技場にて総合体育大会 陸上競技部の大会が行われました。

結果は以下になります。

 

1-1 石原瑞希 100m  12″85(自己ベスト)

1-6 臼杵展明 100m  12″09(自己ベスト)

2-5 洞田敬吾 100m 欠場(肩の痛みの為)

2-7 新本竜生 やり投げ 記録なし

 

1-6 臼杵展明が0.04差(自己ベスト)で惜しくも準決勝進出を逃しました。

しかし、次のラウンドに勝ち進める可能性を感じる競技結果から、より明確な課題と目標を持つことができました。

 

 

 

 

第72回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会(in西京極陸上競技場)

5月3日〜5月4日

<円盤投げ>
2-7 新本 竜生 20M51(22位)

<100M>
2-5 洞田 啓吾 12”29
1-1 石原 瑞希 12″94
1-6 臼杵 展明 12″20(自己ベスト)

2年 新本竜生君が市内ブロック大会の基準25位以内に入り、府下大会への出場権を得る事ができました。
1年生の皆さんも、初めての試合に緊張しておりましたが、補助員の役割も果たし、次の総体に向け意欲を高める事が出来ました。